1. >
  2. はじめての株式投資:そもそも株式投資って何をするの?65

はじめての株式投資:そもそも株式投資って何をするの?65

株式投資とは何をするのか、といいますと株式を購入することです。

株式というのは、企業が資金調達を目的に発行するものであり、これには様々な権利が付与されています。

経営権の一部であったり、配当を受け取ることができる権利です。

こうしたことを狙って投資をすることもありますが、基本的には値上がり、或いは値下がりを予想して買ったり売ったりするのです。

目的はズバリ、利益です。

経営権も狙うことがありますが、そんなのは稀です。

はじめての株式投資:株の仕組みとは84

株式の仕組みと言うのはそんなに難しいわけではないです。

まず、上場していない株と言うのもあるのですが、それは例外として考えるとして、市場で誰でも購入できる株式に限定して考えて見ましょう。

簡単に言えば、買いたい人と売りたい人がいて、それを結びつけて価格が決まるわけです。

経営者が株価を決めるのではなく、市場が需要と供給のバランスによって価格が決定されるわけです。

これが大原則とも言える株式の仕組みなのです。

はじめての株式投資:どうやったら始められる?株式投資の準備8

株式取引をしてみたい、と思ったらまずやることがあります。

資金の確保はともかくとして、まずは証券会社を決める必要があります。

店頭取引もまだあるのですが、基本的にはインターネット取引がお勧め出来ます。

大抵の証券会社ではインターネット取引ができるようになっていますから、それはそこまで心配しないでよいでしょう。

証券会社に口座を作り、そこに入金をして取引を開始することになります。

色々と求められる書類がありますから、それらの用意も必須です。

はじめての株式投資:証券会社って何?JM

そもそも証券会社って何?と思う人もいるでしょう。

簡単に言えば株式市場での売りたい、買いたい、という注文を繋ぎ合せる役割をしています。

主な収入は取引手数料であり、証券会社としてはとにかく頻繁に取引をしてくれたほうが有難いのです。

何かこうした投資会社のようなところは怖い、というイメージがありますが証券会社はそんなことはないのです。

あくまで仲介をするのが仕事です。

特にインターネット取引では売り込みなどはされることはないです。